←トップ頁へ

和名 ハハジマテンツキ
漢字表記 母島天突
別名・異名
古名
語源 和名は、小笠原の母島に産するテンツキの意から。因みに、テンツキとは、小穂の姿が天を衝くかのようであることからという。/属名は、ラテン語のfimbria(=ふさ毛)とstylus(=花柱)の合成語からで、基準となった種の花柱が毛でふちどられていたからという。/種小名は「小穂が長い」の意。/変種名は「母島の」の意。
学名 Fimbristylis longispica var. hahajimensis
英名 筑波実験植物園にて
仏名   撮影者:東京都 中村利治様 
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 カヤツリグサ科テンツキ属
園芸分類 多年生草本
用途
原産地 小笠原:母島:固有種
花言葉
解説 ハハジマテンツキはカヤツリグサ科の多年草である。等しく小笠原諸島固有種のムニンテンツキ(Fimbristylis longispica var. boninensis)の変種で、母島の乾燥地に自生が見られるという。本種並びにムニンテンツキは我が国の本州~九州及び朝鮮半島・中国に自生のみられるオオテンツキ(Fimbristylis longispica )の変種で近縁種と推測されている。ハハジマテンツキの草丈は15~20㎝程度。葉は地際から叢生し、幅1~2㎜程度で、尖端は尖る。葉は無毛である。5~6月頃40~50㎝程度の花茎を伸ばし、茎頂に集散花序をつけ写真に見られるような花穂をつける。
履歴 環境省RDB:絶滅危惧IB類(EN)
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考