←トップ頁へ

和名 ハゲイトウ
漢字表記 葉鶏頭
別名・異名 ガンライコウ
古名
語源 和名は、全体的に鶏頭に似ているが、特に葉が美しいことから。/属名はギリシャ語でamaranthos(=萎まない)の意。つまり、乾燥に耐える意。/種小名は「三色の」の意。
学名 Amaranthus tricolor L.
英名 Orince's Feather/Joseph's coat
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 雁来紅
植物分類 ヒユ科ヒユ属
園芸分類 一年生草本
用途 花壇/庭植え
原産地 インド等熱帯アジア 拙庭にて
花言葉 不老不死/見栄坊/気取り屋
解説 ハゲイトウは、極端な表現をすれば路地植えの観葉植物である。花は葉腋に群生して着くきわめて小さなもので、鑑賞価値はない。しかし、葉は、夏の終わり頃から発色を初め、紅色、黄色、橙色と多様な変化を見せる。
履歴 わが国へは嘉永年間(1848~54)に渡来している。
県花・国花
古典1
古典2 『草木図説』
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
6 29 「雁」