←トップ頁へ

和名 ハアザミ
撮影:GKZ/佐野市:三毳山ハーブ園

撮影者:ポルトガル在住
武本比登志/睦子様↓


撮影地:ポルトガル・バイラーダ地方



漢字表記 葉薊
別名・異名 アカンサス・モリス
古名
語源 和名は、葉がアザミの葉に似ていることから。属名は、ギリシャ語のakantha(=刺)に由来し葉の縁に刺があることから。
種小名は「やわらかい」の意。
学名 Acanthus mollis
英名 Bear's breeches,
See dock,
Bearsfoot,
Oyster plant
仏名 acanthe mollis
独名 Bärenklau
伊名 acanto
西名 acanto
葡名 Acanto
,Acano-manso,
Blanca-ursine,
Erva-gigante,
漢名 葉薊/茛艻花
植物分類 キツネノマゴ科ハアザミ属
園芸分類  多年生草本 
用途 花壇/鉢植え
原産地 地中海沿岸/ヨーロッパ/熱帯アジア
花言葉 美術/巧み
解説 ハアザミは、キツネノマゴ科の多年草である。和名よりも英名のアカンサスの名で親しまれている。葉長は50㎝を超え、縁には大型の鋸歯が見られる。花茎は1mを超える程に成長するので、公園や幾分広めの庭園などに植えられることが多い。花は、ジギタリスによく似ている。アカンサスはギリシャ建築のコリント様式の円柱頭の模様から美術史の上でも著名となっている。
履歴 アカンサスは、明治末期に我が国に渡来し、主に公園などで植栽されている。
県花・国花 ギリシャ国花
古典1
古典2
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
14 130 「蜂」