←トップ頁へ

和名jp バショウ
撮影者:東京都 山口米子様↑
漢字表記 芭蕉
別名・異名
another name
ニワミグサ(庭見草)
古名old name ハセヲ・ハセウ(芭蕉・波少)
   撮影地:小石川植物園→
語源
etymology
和名は、漢名「芭蕉」の音読みから。/属名は、この植物を指すアラビア名から。また、一説には、ローマの医師A.Musaへの献名であるとも。/種小名は、漢名及び和名のバショウの名から。
学名sn Musa Basjoo Sieb. Et Zucc.
英名en Japanese banana
仏名fr
独名de
伊名it
西名es 撮影地:群馬県館林市:茂林寺境内→
葡名pt 撮影:GKZ
漢名ch 芭蕉
植物分類 バショウ科バショウ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/製布/薬用
原産地
distribution
中国
花言葉 燃える思い
解説
description
バショウは、バショウ科の大型多年草である。草丈は3~5m程度にも。地下の根茎から葉を出し、基部は重なり合って鞘となる。6~7月頃に葉腋から花茎を出し、淡黄色の花穂を見せる。バナナのような実を見せることがあるが、食用にはならない。
履歴 渡来時期不詳ではあるが、平安時代には既に渡来していたと推測されている。
県花・国花
古典1 『古今集』、『山家集』、『謡曲』、『芭蕉句集』、『近松浄瑠璃集』
古典2 『本草和名』、『倭名類聚鈔』、『下学集』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物品識名』
季語
備考