←トップ頁へ

和名 バーベナ・スピナ
撮影者:ポルトガル在住 武本比登志/睦子様

撮影地:ポルトガル・アレンテージョ地方


 
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。
属名
は「神聖な枝」の意。
種小名は「伏臥した」の意。
学名 Verbena supina
英名 Trailing verbena
仏名 Verveine étalée
独名
伊名 Verbena menor
Verbena supina
西名 Verbena rastrera
Verbena grís
葡名
漢名
植物分類 クマツヅラ科クマツヅラ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え
原産地 地中海沿岸地方
花言葉 福運に・・・、生命力の強い
解説 バーベナ・スピナはクマツヅラ科の多年草である。茎は伏臥から斜上し、良く分枝をする。草丈は50㎝程度までとなる。茎には稜がある。葉は長さ4㎝、幅6㎜程度の卵形で、茎に密着して対生する。4~6月頃、枝先に集散花序を出し、径3~5㎜程度で桃紫色の筒状小花をつける。花冠は5裂し、花冠喉部は白色となる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考