←トップ頁へ

和名jp ウチワダイモンジソウ
撮影者:東京都 中村利治様

撮影地:筑波実験植物園
漢字表記 団扇大文字草
別名・異名
other name
古名old name
語源
etymology
和名は、葉形が団扇状になったダイモンジソウの意から。因みに、ダイモンジソウとは花弁の様子が漢字の「大」の字に似ていることから。
属名は、ギリシャ語のsaxum(=石)とfrangere(=砕く)の合成語からで、尿結石を溶かす作用を持つと思われたことからと言う。
種小名は「東アジアの植物を採集したR.フォーチューンの」の意。
変種名は「鈍形くさび形の葉を持った」の意。
学名sn Saxifraga fortunei var.obtusocuneata
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 ユキノシタ科ユキノシタ属
園芸分類 多年生草本
用途use 路地植え(ロックガーデン)/鉢植え/薬用
原産地
distribution
日本(本州・四国・九州):日本固有種
花言葉 自由
解説
description
ウチワダイモンジソウはユキノシタ科の多年草である。ダイモンジソウの変種として分類されている。概して山地の渓流沿いの岩場に自生の見られる野草である。草丈は10~30㎝程度。葉は全て根生葉で長い葉柄を持ち、ほぼ円形であるが、母種のダイモンジソウと比して、基部がくさび形となっている点が異なる点である。これは水流の抵抗を少なくするための変化とみなされている。縁は浅く裂け、縁には欠刻状の鋸歯がある。葉の裏面は一般的に白色である。9~10月頃、花茎を伸ばし、円錐花序に白色の5弁花を多数つける。葉形の点で付記すれば、ダイモンジソウの葉形は、ハウチワカエデのような形状であり、本種の場合にはトウカエデのような形状と言えよう。   
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語 秋(ダイモンジソウ)  
備考