←トップ頁へ

和名jp ウラシマソウ
↑栃木市:花之江の郷にて/撮影:GKZ↓

撮影者:東京都 山口米子様↓

鹿児島県:霧島神宮の森にて↑
漢字表記 浦島草
別名・異名
other name
ヤブコンニャク
ヘビノコシカケ
古名old name オオホソミ(於保々曽美)
語源
etymology
和名は、花穂が鞭状になって垂れ下がることから、それを釣り糸に見立てたもの。
属名は、ギリシャ語の「植物名Arumの一種aris」とhaima(=血)の合成語で、葉柄に見られる斑点に因んでいる。
種小名は和名から。
学名sn Arisaema urashima
英名en Urashima-so
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 異葉天南星
植物分類 サトイモ科テンナンショウ属
園芸分類 多年生草本
用途use 庭植え/下草/鉢植え
原産地
distribution
日本(本州中国地方/四国/九州)
花言葉 過ぎ去った日々
解説
description
ウラシマソウはサトイモ科の多年草である。草丈は40~50㎝程度。5月頃に花柄の先に写真に見られるように紫褐色の仏焔苞をつける。マムシグサなどと共に山野草愛好家が育てることが多い。花色は茶色。秋に赤色の実を見せる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『本草和名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考 有毒
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
5 44 「ててんくん」
14 211 「ジェット機就航」
15 174 「半夏生」
17 38 「雪餅草」
17 142 「見返り草」
17 258 「自主流通米」
21 12 「武蔵鐙」
22 178 「ひごたい」