←トップ頁へ

和名 ウラジロタデ
漢字表記 裏白蓼
別名・異名
古名
語源 和名は、葉の裏面が白いことから。/旧属名は、polys(=多い)とgonu(=節)の合成語で、多くの膨らんだ節があることから。/種小名は「採集者ウェイリッチの」の意。
学名 Aconogonon weyrichii(=Pleuropteropyrum weyrichii=Polygonum weyrichii)
英名
仏名
独名
伊名 富山県:立山・室堂平にて
西名
葡名
漢名
植物分類 タデ科オンタデ属
園芸分類 多年生草本
用途
原産地 日本(中部地方以北の高山)
花言葉
解説 ウラジロタデは、タデ科の多年草である。雌雄異株。草丈は30~100㎝程度。あまり枝分かれをせず、下向きの毛が多く見られる。葉の形状は長卵形で、長さは10~20㎝程度、幅は10~15㎝程度。葉には短い葉柄が見られる。葉の表面には伏毛が、裏面には白色の綿毛が密生する。7~8月頃、円錐花序に黄白色の花を見せる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考