←トップ頁へ

和名 ウラベニショウ
漢字表記 裏紅蕉
別名・異名 ストロマンテ・サングイネア
古名
語源 和名は、葉裏が紅紫色を見せる事から。/属名は、ギリシャ語のstroma(=寝椅子)とanthos(=花)の合成語から。/種小名は「血紅色の」の意。
学名 Stromanthe sanguinea
英名 Stromanthe
仏名 宇都宮市:ろまんちっく村にて
独名
伊名
西名 Estromante
葡名 Stromanthe,Caeté-bravo,
Maranta-sangüinea
漢名 紅裡蕉
植物分類 クズウコン科ストロマンテ属
園芸分類 常緑多年性草本
用途 路地植え(暖地)/鉢植え
原産地 ブラジル
花言葉 葉裏↓
解説 ウラベニショウは、クズウコン科の常緑多年草である。草丈は1前後程度に。根出葉は長さ30㎝程度の長楕円形~比針形で、全縁、鋭頭。葉の表面は暗緑色で、裏面は血紅色。茎が成熟すると基部から茎が伸び出し、先端の節から長さ30~45㎝程度の花柄が伸びて、頂部に血紅色の苞に白色の花が円錐花序につく。苞は見事な色合いを見せるが、花そのものは目立たない小花である。我が国での開花時期は2~3月頃。  
履歴 我が国へは昭和初年(1925年)に導入されている。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考