←トップ頁へ

和名 ウンナンハッカクレン
撮影者:東京都 山口米子様

撮影地:京都府立植物園
漢字表記 雲南八角蓮
別名・異名
古名
語源 和名は産地名から。
属名は、ギリシャ語のpodos(=足)とphyllon(=葉)の合成語から。
種小名は「橙色の茎の」の意。
学名 Podophyllum aurantiocaulis
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 雲南八角蓮
植物分類 メギ科ミヤオソウ属
園芸分類 多年生草本
用途 草物盆栽/薬用
原産地 中国
花言葉
解説 ウンナンハッカクレンはメギ科の多年草である。本種は中国雲南省の標高2800~3000m級高地の落葉広葉樹林下に自生の見られる野草である。草丈は30~50㎝程度となる。春先に、葉がこうもり傘を広げたような形で地面を持ち上げて出てくる。葉は長さ7~8㎝、幅13~15㎝程度で、八角形になるが、縁が深裂する場合もある。葉の表面には光沢がある。5~6月頃、葉の付け根の下部から、長さ1㎝程度で紫色~桃色の花を下垂する。花後には径8㎜程度で緑色の果実を付ける。
履歴 渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考