←トップ頁へ

和名 ウンコウ
漢字表記 芸香
別名・異名 ルー/ヘンルーダ
古名
語源 和名は、オランダ語のWijnruitから。/属名はラテン語のrue(=草)を語源としている。/種小名は「強い香りがある」の意。
学名 Ruta graveolens
英名 Common rue/garden rue
仏名 Rue des jardins,Rue fétide
独名 Weinraute,Gartenraute
伊名 Ruta,Ruta comune
西名 Ruda
葡名 Arruda,Arruda-comum 撮影地:東京都薬用植物園
漢名 芸香   撮影者:東京都 中村利治様↑
植物分類 ミカン科ヘンルーダ属 撮影地:国営武蔵丘陵森林公園
/撮影:GKZ↓
園芸分類 多年性草本
用途 香味料/薬用/防虫剤
原産地 ヨーロッパ南部
花言葉 悔恨、軽蔑、同情
解説 ヘンルーダはミカン科の宿根草である。草丈は50~80㎝程度。葉は灰緑色。6~7月頃、枝先に集散花序を出し、黄花を多数見せる。学名(種小名)に見られる通り、全草に強い匂いがある。
履歴 平安時代には、葉を香料としたがその後途絶えている。明治初年頃に再渡来している。
県花・国花 リトアニアの国花  
古典1  
古典2 『倭名類聚鈔』、『下学集』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物品識名』 
季語  
備考