←トップ頁へ

和名 ウド
漢字表記 独活
別名・異名 ドッカツ(独活)
古名 ツチタラ(都知多良)
語源 和名は、土の中に<うずくまっている>ところから、udu→udoと転訛したとも。/属名は、カナダ・ケベックの医師から送られて来た標本についていた現地名Aralieによる。/種小名は、「心臓形の」の意。
学名 Aralia cordata Thunb.  ↑撮影者:東京都 中村利治様↓
英名 Japanese Spikenard 
仏名
独名
伊名 撮影地:東京都薬用植物園
西名
葡名
漢名 土当帰
植物分類 ウコギ科タラノキ属
園芸分類 多年生草本
用途 食用/薬用
原産地 日本/中国/朝鮮半島
花言葉 淡白
解説 ウドは、ウコギ科の多年草である。生育旺盛で茎は分岐して広がり草丈2mにもなる。夏には大きな円錐花序をつけ、黒くて汁の多い実を結ぶ。花は薄緑色の小花。 
履歴 17世紀に、京都で土寄せをして栽培を始めたが、これが軟化栽培の始まりとされる。江戸幕府は、ウドを贅沢品として販売を制限したことがある。
県花・国花 撮影:GKZ→
古典1 『出雲風土記』、『播磨風土記』、『梁塵秘抄』・『芭蕉句集』、『蕪村句集』
古典2 『延喜式』、『本草和名』・『倭名類聚鈔』・『新撰字鏡』・『下学集』、『和漢三歳図会』等 
・独活の大木→図体は大きいが役に立たない人物のたとえ。
・独活と鰊→取り合わせの妙、夫婦仲の良いことのたとえ。 
季語  
備考  
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
1 258 「サン・グラス」
5 67 「日本橋横山町」