←トップ頁へ

検索名  ウチュウイモ(宇宙芋)  
和名jp カシュウイモ
館林市にて↑
↑栃木市にて↓ 
漢字表記 何首烏芋
別名・異名
other name
エア・ポテト
ウチュウイモ(宇宙芋)
ニガカシュウ(苦何首烏)
古名old name
語源
etymology
和名は、苦味が強いことからと言う。
属名は1世紀のギリシャの自然科学者A・D・Dioscoridesの名に因んでいる。
種小名は「鱗茎のある」の意。
学名sn Dioscorea bulbifera
英名en Air poteto
仏名fr Hoffe
独名de Yamawurzeln
伊名it yams
西名es Papa aere
葡名pt Cara-do-ar
Cara-de-corda
漢名ch 零余薯
植物分類 ヤマノイモ科ヤマノイモ属
園芸分類 多年生草本
用途use 食用(ムカゴ)
原産地
distribution
日本(関東以西)/朝鮮半島/中国/東南アジア/インド
花言葉
解説
description
カシュウイモはヤマノイモ科の多年草である。概して林縁等に自生の見られる蔓性多年草である。蔓長は5m前後程度に。葉は心円形で、蔓に互生する。8〜10月頃、葉腋に穂状花序を出し白色の小花を多数開く。地下には扁球形の塊根を持ち、葉腋にはムカゴをつける。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考