←トップ頁へ

和名 ウバユリ
漢字表記 姥百合
別名・異名 カバユリ/ネズミユリ
古名 ハハクリ(波々久利)
語源 和名は、花期に葉がほとんど枯れている様子を歯の抜けた姥にたとえたとか。/属名は、ギリシャ語のcardia(=心臓)とcrinon(=ユリ)の合成語からで、葉が心臓形で花はユリににていることから。/種小名は「心臓形の」の意。
学名 Cardiocrinum cordatum(=Lillium cordatum Makino)
英名 ↑撮影者:京都府 藤井俊夫様/木津川市にて↓
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ユリ科ウバユリ属
園芸分類 多年生草本
用途 野草/路地植え/薬用/食用(鱗茎)/切り花
原産地 日本(関東以西)
花言葉 威厳、無垢
解説 ウバユリは、ユリ科の多年草である。草丈は60〜100p程度。ウバユリの特徴は、何と申してもユリ科とは思えないような大きな葉であろう。形状も長楕円形である。各地の落葉樹林下で、7〜8月に、葉の割にはさほど大きくない花を見せる。花色は緑白色で、形状は筒型。
履歴 撮影:GKZ→
県花・国花 栃木県大平山にて
古典1
古典2 『大和本草』、『物類呼称』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考