←トップ頁へ

和名 オゼコウホネ
撮影者:東京都 中村利治様
漢字表記 尾瀬河骨
別名・異名
古名
語源 和名は、尾瀬に自生するコウホネの意。/属名は、アラビア語neufarを語源とする植物名から。/種小名は「小さい」の意。/変種名は「尾瀬の」の意。
学名 Nuphar pumilum DC. Var. ozeense
英名 筑波実験植物園にて
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 スイレン科コウホネ属
園芸分類 水生多年生草本
用途
原産地 日本(尾瀬ヶ原湿原)
花言葉 崇高
解説 オゼコウホネはスイレン科の多年草である。水上の葉は径8~15㎝程度。葉裏の中脈には毛が見られる。7~8月頃径2~3㎝程度の黄色い花を見せる。一見花弁のように見えるのは5個の萼である。ネムロコウホネとは柱頭盤が深紅色なので区別される。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
18 222、223 「河骨」