検索名 オルテゴカクタス・マクドゥガリー  
和名 テイオウリュウ
漢字表記 帝王龍
別名・異名 オルテゴカクタス・マクドゥガリー
古名

語源 和名は、漢名の音読みから。/属名は、本種の発見者であるメキシコ人Francesco Ortegaの名に因んでいる。つまり「オルテガ氏のサボテン属」の意となる。/種小名は前述の発見者オルテガ氏が初めて持っていった植物学者Tom MacDougall氏の何因んでいる。
学名 Ortegocactus macdougallii(=Neobesseya macdougallii)
英名 Macdougallii
仏名 現在写真はありません。
お持ちの方、ご提供下さい。
連絡先は、メニュー頁にあります。
独名
伊名
西名 Macdougallii
葡名
漢名 帝王龍
植物分類 サボテン科オルテゴカクタス属(1属1種)
園芸分類 多年生草本
用途 鉢栽培/露地栽培(暖地)
原産地 メキシコ
花言葉
解説 オルテゴカクタス・マクドゥガリーはサボテン科の多年草である。本種は、メキシコ・サンホセ周辺のごく限られた狭い範囲に自生が見られる1属1種のサボテンである。自生地は標高2000m程度の石灰岩質の崖上ということである。本種は比較的小型のサボテンで、本種の表皮は独特な帯白色の灰緑色である。各茎節は径8~10㎜程度の偏菱形で、これを渦巻き状に積み重ねる形状となる。各茎節間の底部には白色のフエルト状毛を持ち、上部には刺を持つ。中央の刺は太く長さは4~5㎜程度の白色で先端部は黒色となるか或いは全部黒色のこともある。その周囲には7~8本の刺が取り囲み、長さは5~10㎜程度である。春~夏にかけて、各茎節間の接続部(つまり凹んだ部分)から長さ2~3㎝の漏斗状の花を日中に開く。花径は3~5㎝程度で、花色は黄色。
履歴 本種はMammillaria属に近縁で、かつてはNeobesseya属に分類されていたが近年DNA分析の結果、Neolloydia属とCoryphantha属との中間的な属としてOrtegocactus属として独立して新たな属が設定されている。。
県花・国花 開花時の写真をお持ちの方、ご提供下さい。
古典1 連絡先は、メニュー頁最下段にあります。
古典2
季語
備考