←トップ頁へ

和名 オリガヌム・レヴィガツム’ピルグラム’
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は学名音読みから。/属名は、ギリシャ語のoriganon(=ハッカに似た野生のマヨナラ)とgnos(=素敵な物、喜び)の合成語から。/種小名は「平滑の」の意。/品種名は「巡礼者、放浪者、旅人」の意。
学名 Origanum laevigatum 'Pilgram'
英名 Pilgram Oregano 現在写真はありません。
お持ちの方、ご提供下さい。
連絡先は、メニュー頁にあります。
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 シソ科ハナハッカ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え/食用/薬用/香味料
原産地 園芸作出品種
花言葉
解説 オリガヌム・レヴィガツム 'ピルグラム'は、シソ科の多年草である。本種は、ギリシャ・キプロス島~トルコに自生の見られるオリガヌム・レヴィガツム種から作出された園芸品種である。根茎は強く横走し、茎は直立紫、基部は木質化する。若茎・若枝・花柄は、桃紫褐色である。草丈50~60㎝程度。葉はほぼ楕円状で、縁部は全縁、先端部は鈍頭~やや尖り,枝に対生する。6~9月頃、枝先の葉腋から散形花序を伸ばし、桃紫色の筒状花を多数下垂する。掲載した写真に見られるように、花の上には桃紫褐色の苞葉が多数つく。花冠はシソ科特有の唇形となる。
履歴 わが国への渡来時期不詳。  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考