和名 オリヅルラン
拙庭にて
漢字表記 折鶴蘭
別名・異名 チョウラン
フウチョウラン
古名
語源 和名は、花茎の先端につく子株の様子が折り鶴に似ているため。
属名は、chloros(=黄緑)とphyton(=植物)の合成語
種小名は「長い束毛のある」の意。
学名 Chlorophytum comosum
英名 Spider Plant
仏名 Plante araignée,
Phalangèere
独名 Grünlilie
伊名 Falangio
西名 Cinta,Cintas,
Malamadre,
Lazo de amor
葡名 Clorofito,
Gravatinha
漢名 吊蘭
植物分類 キジカクシ科(←ユリ科)オリヅルラン属
園芸分類 多年生草本
用途 釣り鉢栽培/観葉植物
原産地 南アフリカ
花言葉 祝賀
解説 オリヅルランは、名前と異なり、ラン科ではなくキジカクシ科(旧ユリ科)の植物である。典型的な釣り鉢栽培の観葉植物として親しまれている。葉の間からランナーが伸び出し、その先端に子株をつける。花は白い小花で、鑑賞に適するほどではない。直射日光を浴びると葉焼けを起こしてしまうので、半日陰程度が栽培に適している。
履歴 渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考