←トップ頁へ

和名 オオユウガギク
漢字表記 大柚香菊
別名・異名
古名
語源 和名は、の香りがするの意とか。/属名は、ギリシャ語のkalos(=美しい)とmero(=部分)の合成語で、花弁が美しい事からと言う。/種小名は「鋭浅裂の」の意。
学名  Kalimeris incisa 
英名  kalimeris,Japanese aster 
仏名
独名 撮影者:東京都 中村利治様
伊名 東京都薬用植物園にて
西名
葡名
漢名 裂葉馬蘭
植物分類 キク科 ヨメナ属
園芸分類 多年生草本
用途 食用(若葉)/薬用(葉・根・果実)
原産地 日本(本州西部・四国・九州)※履歴欄参照/朝鮮半島/中国/シベリア
花言葉
解説 オオユウガギクは、キク科の多年草である。概して日当たりがよく湿り気の多い場所に自生が見られる野草である。地下茎で繁殖するので、群落を構成することもある。草丈は1~1.5m程度。葉は、茎下部につくものは長さ8から10㎝、幅2.5㎝程度の長楕円状披針形で、縁部には欠刻状鋸歯があり、先端部は尖り、基部は漸狭となり、茎に互生する。上部の葉は線状披針形で、上方に向かう程小さくなる。9~11月頃、茎頂に径3~3.5㎝程度の頭花をつける。舌状花は淡青紫色、中央部の管状花は黄色となる。
履歴 ※本種は、 本来中国原産であり、九州に最初渡来し、帰化状態となり、やがて、それが広まったとする説もある。
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考