←トップ頁へ

和名 オオウバユリ
漢字表記 大姥百合
別名・異名
古名
語源 和名は、ウバユリよりも大型であることから。/属名はギリシャ語のcardia(=心臓)とcrinon(=ユリ)の合成語で、花は百合に似ているが、葉は心臓形をしていることから。/種小名は「心臓形の」の意。
学名 Cardiocrinum cordatum var.glehnii Hara
英名
仏名 ↑ 青森県・十和田湖畔にて ↓
独名
伊名 写真(上・中)管理人撮影
西名
葡名
漢名
植物分類 ユリ科ウバユリ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え
原産地 本州の日本海側から北海道、サハリン
花言葉 威厳
解説 オオウバユリはユリ科の多年草である。ウバユリに似ているが、全体的に大型で、草丈は1.5m程度、葉や花の数も多いが、付き方はまばらである。また、花そのものはやや小型である。葉は広卵心形で、丸味を帯びている。開花期は7〜8月頃で、花色は緑白色で、花茎に見られる花数は10〜20個程度。ウバユリは我が国の西南地域の低山に自生するのに対し、オオウバユリはそれよりも寒い地域に自生する傾向にある。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 写真(下)撮影者:新潟県 塩野計司様/蔵王温泉にて