←トップ頁へ

和名 オオオニバス
漢字表記 大鬼蓮
別名・異名 大阪府・咲くやこの花館にて→
古名
語源 和名は、オニバスに似ているが、より大型のため。/属名はイギリスのビクトリア女王、種小名は「女王」で、いずれもビクトリア女王に因んでいる。
学名 Victria regia
英名 Royal water lily/Water platter
仏名 Victoria d’Amazonie 撮影者:大阪府・藤井 勝様↑
独名 Riesenseerosen
撮影者:東京都 中村利治様
伊名 Victria regia
西名 Abatiyú, Agoapé, Aguapé, Hoja de sol, Iguapé, Irupé, Maíz de agua, Maruru, Ninfa real, Plato de agua, Loto gigante
葡名 lilypad
漢名 王蓮
植物分類 スイレン科オオオニバス属
園芸分類 多年生草本
用途 池栽培
原産地 南米アマゾン川流域
花言葉 神秘的
解説 オオオニバスは、スイレン科の水生宿根草である。世界で最も大型の浮葉を持つ植物として知られている。円形の浮葉は直径2mにも達すると言う。葉縁は10㎝ほど反り返り、たらい状の形状となる。葉の裏面、葉柄、花柄、萼のそれぞれに多数の刺が見られる。葉の表面は無毛。花は水底の株から水面に伸びた花茎につく。花径は20~40㎝程度。花には芳香がある。花は二晩開花する。初め白色だが、二晩目には桃紅色へと変化する。
履歴 我が国へは明治年間に渡来している。栽培と開花に成功したのは昭和11年であった。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考