←トップ頁へ

検索名  オオイワウチワ(大岩団扇)  
和名 ヒマラヤユキノシタ
漢字表記 ヒマラヤ雪の下
別名・異名 オオイワウチワ/ベルゲニア
古名
語源 和名は、ヒマラヤ原産のユキノシタの意。/属名はドイツのK.A.フォン.ベルゲンに因んでいる。/種小名も人名から。
学名 Bergenia stracheyi
英名 Heartleaf/Saxifrage/Megasea
仏名 Bergéenie de l'Himalaya
独名 Himalaja-Bergenie ↑ 東京大学付属日光植物園にて ↓
伊名
西名 写真(上・中)撮影:GKZ
葡名
漢名 短柄岩白菜
植物分類 ユキノシタ科ヒマラヤユキノシタ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え/ロックガーデン
原産地 ヒマラヤ
花言葉 情愛/切実な愛情 撮影者:東京都 中村敏子様↓
解説 ヒマラヤユキノシタは、ヒマラヤ原産のユキノシタ科の宿根草である。とても太い根茎を持ち、これまた大きく厚く、光沢のある円形の葉を持つ。三月下旬頃からピンクの花を見せ、4月いっぱいは花を楽しませてくれる。草丈は、30センチ前後。  
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 昭和薬科大学薬用植物園にて↑