←トップ頁へ

和名 オオバナヒエンソウ
カナダ・レイクルイーズにて
漢字表記 大花飛燕草
別名・異名 デルフィニウム
古名
語源 和名は、花形から。
旧属名は、ギリシャ語のデルピニオン(=イルカ)に由来し、この種の一部の花の形状がイルカに似ているからと言う。
種小名は「大花の」の意。
学名 Consolida grandiflorum(=Delphinium grandiflorum)
英名 Siberian larkspur
Chinese Delphinium
仏名 Pied d'alouette
独名
伊名
西名
葡名
漢名 飛燕草、翠雀
植物分類 キンポウゲ科チドリソウ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え/切り花
原産地 ヨーロッパ/西アジア/シベリア/北米/イラン/中国
花言葉 清明/慈悲
解説 オオバナヒエンソウは、キンポウゲ科の宿根草であるが、我が国では、一年草として栽培されている。近年人気を得ているハイブリッド系と比較すると、花数は少ないが、枝の分枝が多いのが特徴。また、花に長い距持つ点も大きな特徴である。葉は、本来、掌状であるが、更に細裂している。
履歴 我が国ヘは、明治初年(1870)頃渡来している。しかし、我が国の梅雨時と夏場の蒸し暑さには適さず、何度も輸入を繰り返したが、なかなか普及を見ることはなかった。第二次大戦中に開発されたジャイアント・パシフィック系以降、我が国でも栽培普及が始まっている。
県花・国花
古典1
古典2  
季語
備考