←トップ頁へ

検索名 オオアワ(大粟)  
和名 アワ
漢字表記
別名・異名 オオアワ(大粟)
古名 アハ(阿波・安波)
語源 和名は、五穀の中でも味が淡いことからとのこと(他にも多数の説あり)/属名はラテン語のseta(=剛毛)に由来している。/種小名は「イタリアの」の意。
学名 Setaria italica Beauv.
英名 Foxtail millet
仏名 petit mil
独名 Kolbenhirse,Italienische Borstenhirse 現在写真はありません。
お持ちの方、ご提供下さい。
連絡先は、メニュー頁にあります。
伊名 panico
西名 mill italiáés
葡名 Milho painço da Itália
漢名 小米
植物分類 イネ科エノコログサ属
園芸分類 一年生草本
用途 食用(飯・餅・菓子)/飴・酒原料/飼料
原産地 中国あるいはインド
花言葉
解説 アワはイネ科の一年草である。草丈は1~1.5m程度に。茎は円柱形で直立する。一見してエノコログサを大きくしたような風情である。花穂はエノコログサに似るがもっと荒々しい感じを受ける。長さは10~3.5㎝程度で、太さは1.5~4㎝程度。熟した花穂の色は黄色から淡い茶色を帯びる。種子は穀物の中では最も小さく長さ1.5~2.5㎜の楕円形。
履歴 史前帰化植物/五穀の一
県花・国花
古典1 『古事記』、『日本書紀』、『播磨風土記』、『万葉集』、『宇津保物語』、『延喜式』、『和漢朗詠集』、『今昔物語』、『和漢朗詠集』、『太平記』、『近松浄瑠璃集』、『芭蕉句集』、『蕪村句集』
古典2 『本草和名』、『倭名類聚鈔』、『下学集』、『和漢三歳図絵』、『物品識名』
・カッコウが鳴くからアワを蒔け
・アワは八十八夜の種下ろし
・シカが鳴くからアワを刈らねばならない
・濡れ手でアワ→苦労せずに大もうけすること
・肌に粟を生ずる→鳥肌がたつこと
・粟一粒は汗一粒
・鶴の粟を拾うごとし→少しずつへそくりを蓄えること
・粟粒ほどの出来物→用心するに越したことはないの意
季語 春(粟薪き)/秋(粟)
備考