←トップ頁へ
和名jp オニドコロ
群馬県館林市にて(撮影GKZ):雄花序↑

撮影者:京都府 藤井俊夫様↑
撮影者:東京都 山口米子様↓

↑撮影地:小石川植物園↓
漢字表記 鬼野老
別名・異名
other name
トコロ(野老)
古名
old name
オニドコロ(於爾止古呂)
語源
etymology
和名は、正月飾りに、長寿を祝うために用いたが、その髭根を老人の髭にたとえた。一方で、エビを海老と記述するのに対して、野老とした。
属名は、1世紀のギリシャの自然科学者ディオコリデスの名に因んでいる。
種小名は、和名のトコロから。
学名sb Dioscorea Tokoro makino
英名en wild yam
仏名fr  雌花序→
独名de 撮影地:京都府 木津川市
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 山萆薢
植物分類 ヤマノイモ科ヤマノイモ属
園芸分類 多年生蔓性草本
用途use 食用(ただし、味には苦味がある。)
   結実の様子
原産地
distrbution
日本
花言葉 子だくさん
解説
description
オニドコロはヤマノイモ科の多年草である。山野に自生が見られる蔓性多年生植物であるが、地上部は冬には枯れる。葉は茎に互生し、円心形または三角状心形、無毛、先端は鋭頭。葉の長さ幅ともに4~12㎝程度。葉柄は長く4~7㎝程度。7~8月頃葉腋から長い花序を出し短黄緑色の花を多数開く。茎は肥厚して横に長く伸びる。雌雄異株で、雄花序は直立し、雌花序は下垂する。
履歴
県花・国花
古典1 『枕草子』
古典2 『本草和名』、『下学集』、『大和本草』、『物品識名』
季語 夏(花)
備考 ※ 一般的に、単に「トコロ」といった場合には、「オニドコロ」を指している。
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
14 284 「蔓もの」