←トップ頁へ

和名 オニバス
漢字表記 鬼蓮
別名・異名 イバラバス(茨蓮)/イバラフキ(茨蕗)/ミズブキ(水蕗・芡)/けたう/ゲドウ
古名 ミズフブキ(水蕗・芡・水不々支・美都布々岐)
語源 和名は、ハスの葉に似ているが、大形であり鋭い刺をを持つことから。/属名は、ギリシャ語のeuryalos(=巨大な)に由来している。/種小名は「刺の多い」の意。
学名 Euryale ferox
英名 fox nut, foxnut, makhana, gorgon plant、Pricky water-liliy
仏名
独名 葉の拡大写真→
伊名 (葉脈上に刺がある。)
西名
葡名
漢名 芡、鶏頭蓮
植物分類 スイレン科オニバス属
園芸分類 1年生草本
用途 食用(地下茎・種子)/薬用(種子) 群馬県館林市:多々良沼公園にて
原産地 日本/台湾/中国/インド
花言葉 神秘的
解説 オニバスは、スイレン科の一年草である。各地の湖沼に自生が見られるが、近年個体数は減少しつつある。大形の水草で、葉の直径は2mにも及ぶ。8~10月頃、長い花茎を出し、その先端に紫色で径4㎝前後程度の花をつける。萼片は4個。花は日中に開花し、夜間は閉じる。本種は、水面上に見られる花以外にも、水中の封鎖花をも併せ持つ。
履歴 環境省:絶滅危惧Ⅱ類
県花・国花
古典1
古典2 『本草和名』、『倭名類聚鈔』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『本草綱目啓蒙』
季語 夏(みずぶき)
備考