←トップ頁へ

和名jp オナモミ
↑撮影:GKZ/群馬県館林市にて↓

撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:東京都薬用植物園




漢字表記 葈耳
別名・異名
another name
ナミタケ
古名old name ナモミ(奈毛美・奈毛弥)
語源
etymology
和名のオナモミとは、等しくキク科のメナモミに対して大型であることから。
ナモミは、「生(な)揉(も)み」の意で、麹にこの植物の汁を用い蛇に噛まれた時に揉んでつけたからとも。別には、「なずむ」の意味で、実が衣服や動物の毛につきやすいことからとも。
属名は黄色を意味するxanthosに由来しており、オナモミのギリシャ名である。かつて、髪を染めるのに用いられたと言うことである。
種小名は「腫れている」の意。
学名sn Xanthium strumarium L.
英名en Burweed
Cocklebur
仏名fr lampourde
herb aux é crouelles
独名de Gewöhnliche Spitzklette
伊名it Nappola minore
西名es Bardana
bardana menor
lampazo menor
葡名pt Bardana-menor
漢名ch 葈耳
植物分類 キク科オナモミ属
園芸分類 多年生草本
用途use 野草/薬用
原産地
distribution
ユーラシア大陸/北アフリカ
花言葉 頑固・粗暴・怠惰
解説
description
オナモミは、キク科の多年草である。草丈は1m程度で、茎に短毛がある。葉は長柄を持ち卵形三角形で粗い鋸歯を持つ。8月~10月にかけて白い花を見せる。花径5㎜程度。果実にはかぎ状の刺があり、動物について散らばる。
履歴 史前帰化植物
県花・国花
古典1 『播磨風土記』
古典2 『本草和名』、『倭名類聚鈔』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物類呼称』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考 ※ 有毒植物(全草)