←トップ頁へ

検索名  オキザリス・セルヌア
↑撮影者:ポルトガル在住
武本比登志/睦子様↓
 
ポルトガル コスタ・アズール地方にて↑
撮影:管理人/植栽品↓
和名 オオキバナカタバミ
漢字表記 大黄花酢漿草
別名・異名 キバナハナカタバミ(黄花酢漿草)/オキザリス・ペスカプラエ/オキザリス・セルヌア 
古名
語源 和名は、黄色い花を見せる大形のカタバミであることから。/属名はギリシャ語のoxys(=酸っぱい)を語源としている。/種小名は「山羊の足」の意で、先割れを意味している。
学名 Oxalis pes-caprae(=Oxalis cernua)
英名   African wood sorrel,
Bermuda buttercup,
Buttercup oxalis,
Cape cow-slip,Cape sorrel,
Englishweed,Large yellow soursob,
South African wood sorrel,
Yellow flowered oxalis,Yellow sorrel
仏名 Oxalis penché,
Oxalis pied de chèvre
独名 Nickende Sauerklee,
Nierger Sauerklee,
Ziegenfuß-Sauerklee
伊名 Acetosella gialla
西名 Pasto agrio
葡名  Erva-pata 
漢名  雀斑酢漿草
植物分類  カタバミ科カタバミ属 
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え
原産地 南アフリカ
花言葉
解説  オオキバナカタバミは、カタバミ科の多年草である。南アフリカ原産のこのカタバミは、名前の通り大形種で草丈は15~30㎝程度になる。花径は1㎝前後となる。葉は全て根生葉であり、3出複葉となり、小葉は倒心臓形で表面には写真に見られるように紫褐色の斑点が見られる。我が国での開花期は4~9月頃と長い。写真(上・中)撮影者の居住するポルトガルでは2月から開花を始めるという。   
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
14 161 「酢漿草」