←トップ頁へ

検索名  オキザリス・プルプレア 
和名 フヨウカタバミ
漢字表記 芙蓉酢漿草
別名・異名 オキザリス・プルプレア/オキザリス・ヴァリアビリス 
古名 撮影地:オーストラリア
    ボヤジン・ロック国立公園
語源 和名は、花姿からの命名か?/属名は、ギリシャ語のoxys(=酸っぱい)を語源としている。/種小名は「色や形に変化の多い、種々な」の意。 
学名  Oxalis variabilis(=Oxalis purpurea)   撮影者:愛媛県 日原由紀子様↑
英名 Grand Duchess oxalis、
Purple woodsorrel
 撮影者:沖縄県 田中 勝様↑
仏名 Oxalis pourpre
独名 Herbst-Sauerklee
伊名 Acetsella purpurea
西名 Macachin,Vinagrillo
葡名 Beijo-de-frade
漢名 芙蓉酢漿草
植物分類 カタバミ科カタバミ属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え/花壇
原産地 南アフリカ
花言葉 輝く心 撮影地:那覇市内
解説 フヨウカタバミはカタバミ科の多年草である。地中に長さ1~3㎝程度で卵形の鱗茎を持つ。無茎植物で、葉は全て根出する。葉は10㎝程度の葉柄を持った3出複葉で、小葉は広菱形で、葉の縁部、裏面、葉柄には白色の細毛が散生する。春~秋に長さ15㎝程度の花茎を立ち上げ、径4㎝程度の5弁花をつける。花色は白色~赤色で、花弁の基部には黄色い模様が入る。 
履歴 本種は、南アフリカが原産であるが、今日、世界各国で帰化状態となっている。我が国へは、明治中頃に渡来しているが、やはり、国内各地で帰化状態にある。 
県花・国花  
古典1  
古名2  
季語  
備考  
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
14 160 「酢漿草」