←トップ頁へ

和名jp オグラコウホネ
撮影者:東京都 山口米子様

撮影地:広島市植物公園
漢字表記 巨椋河骨
別名・異名
other name
古名
old name
語源
etymology
和名は、本種の発見地名である京都の巨椋池の名に因んでいる。
属名はアラビア語でneufarから出た古い植物名に由来している。
種小名は「巨椋池の」の意であるが、巨椋池は現在は存在していない。
学名sn Nuphar oguraensis
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 スイレン科コウホネ属
園芸分類 水生多年生草本
用途use 池・沼栽培
原産地
distribution
日本(本州:近畿以西・四国・九州):日本固有種
花言葉 崇高
解説
description
オグラコウホネはスイレン科の水生多年草である。水上葉は、長さ8から14㎝、幅6~9㎝程度の広卵形で、裏面には毛がある。沈水葉は、長さ8~14㎝、幅6~12㎝程度の広卵形~円心形となる。葉柄は細く、断面は三角形で、中空となる。水上葉が出来ても多くの沈水葉が残る。7~10月頃、花茎を水上に伸ばし、径2~3.5㎝程度で黄色い花を見せる。
履歴 環境省RD:絶滅危惧Ⅱ類(VU)
本種の発見地巨椋池は、昭和16年(1941)の干拓で消滅している。昭和期の水草研究家三木茂博士が、巨椋池消滅以前に本種を同池で採集し、「オグラコウホネ(巨椋河骨)」と命名している。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考