←トップ頁へ

和名 オベロニア・ティスベ
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名は、西洋の伝承上の妖精王オーベロン或いはオベロン(Oberon,Auberon)の名に因んでいる。オベロンは、背丈は小さいが英雄を助けたことで知られている。/種小名はオウィディウスの『変身物語』に登場するバビロンの美少女(ピュラムスの恋人の名に因んでいる。
学名 Oberonia thisbe
英名
仏名 撮影者:東京都 中村利治様
撮影地:筑波実験植物園
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ラン科ヨウラクラン属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え
原産地 フィリピン
花言葉
解説 オベロニア・ティスベはラン科の多年草である。本種は、フィリピンの標高2000m級高地の樹木に着生するランである。草丈は10㎝程度。葉は多肉質な剣状で互生する。春~夏にかけて、長さ30㎝程度の花茎を下垂し、総状花序に径1㎜程度の赤褐色の小花を花軸を中心に螺旋状に無数につける。 
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考