←トップ頁へ

検索名  エゾユリ(蝦夷百合)   
和名 エゾスカシユリ
漢字表記 蝦夷透百合
別名・異名 エゾユリ(蝦夷百合)
古名
語源 和名は、北海道に自生の見られるスカシユリの意から。因みに、スカシユリとは、花被片の基部が細くなり、花が透けることから。/属名は、ギリシャ語のleirion(=白色)に由来している。/種小名は「小さな斑点が多い」の意。/亜種名は「ダフリア地方の」の意。
学名 Lilium maculatum subsp. dauricum  
英名
仏名
独名 撮影地:礼文島
伊名 撮影者:神奈川県 吉井和実様
西名
葡名
漢名 毛百合
植物分類  ユリ科ユリ属 
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え/切り花
原産地 日本(北海道・千島)/サハリン/カムチャッカ/中国/朝鮮半島/東シベリア
花言葉
解説 エゾスカシユリは、ユリ科の多年草である。5~7月頃、橙黄色で花径9~10㎝程度の花を上向きに開花させる。北海道の海岸の砂地に自生が見られる。花被片は倒披針形で6~8㎝程度で、紫の斑点がみられる。葉は、線形で長さ6~12㎝、幅6~12㎜程度。
履歴
県花・国花 北海道:小清水町花・泊村花
古典1
古典2
季語
備考