←トップ頁へ

和名 エゾヨモギギク
漢字表記 蝦夷蓬菊
別名・異名
古名
語源 和名は、北海道に自生が見られることから。/属名は、ギリシャ語のAthanasiaがラテン語に入りtanazitaと変化したものを語源としている。/種小名は「普通の」の意。/変種名は「北方系の」の意。
学名 Tanacetum vulgare var. boreale  撮影者:東京都 中村利治様
英名
撮影地:筑波実験植物園           
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 菊蒿
植物分類 キク科ヨモギギク属
園芸分類 多年生草本                  
用途   路地植え/鉢植え/香味料/薬用
原産地 日本(本種・北海道)/シベリア東部/中国東北部/朝鮮半島/サハリン
花言葉 あなたに挑む
解説 エゾヨモギギクはキク科の多年草である。草丈は50~100㎝程度となる。葉は羽状に深裂市、裂辺の縁部には細鋸歯がある。葉は茎に互生する。8~9月頃、径1㎝程度の黄花を多数つける。花は、舌状花を持たず、管状花のみで構成される。
履歴 環境省RDB絶滅危惧Ⅱ類(VU)
県花・国花
古典1
古典2  
季語  
備考