←トップ頁へ

和名 エゾマツムシソウ
漢字表記 蝦夷松虫草
別名・異名
古名
語源 和名は北海道に多く見られるのマツムシソウの意から。
属名は、ラテン語のscbies(=疥癬)を語源とし、この属の植物に皮膚病に効果を示すためと言われている。
種小名は「日本の」の意。
変種名
は「尖った裂片を持った」の意。
学名 Scabiosa japonica var. acutiloba
英名
仏名  
独名
伊名 撮影者:東京都 山口米子様
西名 撮影地:北海道大学植物園
葡名
漢名
植物分類 スイカズラ科(←マツムシソウ科)マツムシソウ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え・鉢植え
原産地 日本(本州:北部~北海道)
花言葉 不幸な恋、恵まれぬ恋、わたしはすべてを失った、悲しみの花嫁、風情、健気
解説 エゾマツムシソウは、スイカズラ科(←マツムシソウ科)の多年草である。概して山地や海岸沿いの草原に自生の見られる野草である。草丈は20~50㎝程度となる。葉は長さ5~10㎝程度で、羽状に深裂~全裂し、裂片の先端部は線状で尖る。8~9月頃。茎頂に径2.5~5㎝程度の頭花をつける。花色は青紫色。頭花は多数の小花から構成されるが、外側の小花の裂片が大きく発達して花びら状と化している。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考