←トップ頁へ

検索名 エストラゴン   
和名jp タラゴン  
漢字表記  
別名・異名
other name
エストラゴン  
古名old name  
語源
etymology
和名は、英名の音読みから。
属名は、ギリシャ神話の女神に因んで名付けられたヨモギの古名。
種小名のdracunculusとは、ラテン語で「小さい龍」という意味。 
学名sn Artemisia dracunculus
 栃木県佐野市:三毳山ハーブ園にて   
英名en tarragon
仏名fr estragon
独名de Estragon
伊名it dragoncello
西名es estragón
葡名pty estragão
漢名ch 龍蒿
植物分類 キク科ヨモギ属
園芸分類 多年生草本
用途use 食用/薬用
原産地
distribution
西ヨーロッパ~アジアの一部 
花言葉 潔癖  
解説
decription
タラゴンはキク科の多年草である。草丈は40~120㎝程度。下部のはは3裂し、中程から上の葉は裂けずに柳葉となる。5~7月頃、茎頂に濃緑黄色の小花を多数つける。茎・葉ともに無毛。
西洋では、蛇や狂犬に噛まれた時に、この植物が毒消しになると信じられて来た。ハーブの一種であるが、等しくハーブの仲間のアニスに似た香りを有する。生でも利用するが、ブドウ酢で抽出させたタラゴンビネガーとしても利用する。フランス料理では,エスカルゴ料理には風味付けに欠かせない存在である。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考  
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
10 164 「蔓菜」
13 92 「再会」
23 181 「時鳥の唄」
24 37 「香菜」