←トップ頁へ

検索名 エリト(ス)ロニウム・ト(ツ)オルムネンセ・パゴダ
和名 キバナカタクリ・パゴダ
漢字表記 黄花片栗・パゴダ
別名・異名 エリト(ス)ロニウム・ト(ツ)オルムネンセ・パゴダ
古名
語源 和名は、カタクリの仲間ではあるが、花色が黄色のため。/属名はギリシャ語のerythros(=赤)を語源とし、赤色の花をつけるヨーロッパ種に対して命名されている。/種小名はアメリカのヨセミテ国立公園名にある地名から。因みに、Toulmuneとは、アメリカ先住民の現地語を語源としている。/品種名は、「東洋式の塔」を意味し、花弁が反り返り、塔の屋根を思わせることからという。
学名 Erythronium tuolumnense cv. Pagoda
英名 Tuolumne fawn lily,Toulumne dog's tooth violet
仏名
独名 栃木市花之江の郷にて
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ユリ科カタクリ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え/ロックガーデン
原産地 アメリカ(園芸作出品種)
花言葉 嫉妬
解説 キバナカタクリ・パゴダは、ユリ科の多年草である。アメリカ産のキバナカタクリの一種であるエリト(ス)ロニウム・トウルムネンセとホワイト・ビューティー種との交雑によって得られた園芸品種である。草丈は10~15㎝程度。葉は長楕円形であるが、我が国のカタクリのように表面に斑模様はみられず、色も淡緑色である。我が国のカタクリは1茎1花であるが、パゴダの場合、1茎に数花をつける。花は6弁でシクラメンのように反り返る。その反り返る風情が塔の屋根を思わせることからパゴダと命名されたと言われている。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考