←トップ頁へ

和名 エリンギウム・ディラタトゥム
撮影者:ポルトガル在住 武本比登志/睦子様

撮影地:ポルトガル コスタ・アズール地方




漢字表記
別名・異名 エリンギウム・アメシスティヌム
古名
語源 和名は学名の音読みから。
属名は、ギリシャ語のeryngion(=ハアザミ)に由来しているようである。
種小名は、「広がった」の意。 
学名 Eryngium dilatatum(=Eryngium amethystinum)
英名 Amethyst eryngo
Italian eryngo
Amethyst sea holly
Sea holly perennial
仏名 Panicaut a feuilles d'agave
独名 Edeldistal
Amethyst-Mannstreu
Stahlblaue Mannstreu
伊名 Calcatreppola ametistina
Eringio ametistino
西名 Cardo amatista
葡名 Cardo-azul
Cardinho-azul
漢名
植物分類 セリ科エリンギウム属
園芸分類 常緑多年生草本
用途 路地植え・鉢植え
原産地 地中海沿岸地方
花言葉
解説 エリンギウム・ディラタトゥムは、セリ科の多年草である。本種は、地中海沿岸地位で、比較的乾燥していて、カルシウム分をより多く含む土壌地帯に自生する野草である。直根性で、越冬時にはロゼットを作る。茎は堅牢で直立し、草丈は30~50㎝程度となる。茎は紫色を帯びており、希に上部で分枝をする。全体的に鋭い刺がある。葉は楕円形で、1~3回程度深裂する。各裂片は更に裂けて、各裂片の縁部には鋸歯を持ち、その先端部は刺状突起となる。葉の表面では葉脈部位が白色となりよく目立つ。6~9月頃、葉の変形した放射状に突き出た苞の上に薊に似た青紫色で径3㎝程度の頭花を付ける。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考