←トップ頁へ

和名 エンゴサク  
漢字表記 延胡索  
別名・異名  
古名  
語源 和名は、漢方薬名「延胡索」の音読みから。/属名は、koydallis(=ヒバリ)に由来し、長い距を持った花形から。/種小名はロシアの分類学者N.S.toruchanov(トルチャノフ)の名に因んでいる。/品種名は中国名「延胡索」の音読みから。
学名 Corydalis turtschaninovii forrma yanhusua(=Corydalis yanhusua)
英名
仏名
独名 撮影者:
伊名 多摩ニュータウンの住人様
西名 撮影地:東京薬科大学薬草園
葡名
漢名 延胡索
植物分類 ケシ科キケマン属
園芸分類 多年生草本
用途 薬用(塊茎)
原産地 中国
花言葉 妖精たちの秘密の舞踏会
解説 エンゴサクはケシ科の多年草である。草丈は10〜20p程度。地下に不定形の塊茎を持ち、数本の茎を立ち上げる。茎は繊細である。葉は複葉で小葉の形状は多形的である。3〜4月頃に茎頂に総状花序を出し、紅紫色の花をつける。花は前方は唇形に開き、後方には長い筒状の距が伸びる。5〜6月頃には休眠に入り、茎・葉も枯れ、地中に塊茎を形成する。
履歴 我が国へは享保年間(1716〜36)に渡来している。
県花・国花  
古典1  
古典2 『和漢三歳図会』、『物類品隲』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』 
季語  
備考 有毒植物