←トップ頁へ

検索名  エキザカム・アッフィネ   
和名 ベニヒメリンドウ  
漢字表記 紅姫竜胆  
別名・異名 エキザカム・アッフィネ  
古名  
語源 和名はリンドウ科の植物で小形種であることからか。/属名はガリア語のExacon(=ギリシャ神話に登場するケンタウルス)の名に因んでいる。/種小名は「~に近い、~関係する」の意。
学名 Exacum affine
英名 Persian violet,German violet
仏名 Violette de perse
独名 Blaues Lieschen,Bitterblat
伊名 Exacum
西名 Vileta persa
葡名 Violeta-alemã,
Violeta-da-Pérsia
漢名 紫芳草
植物分類 リンドウ科ベニヒメリンドウ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え、鉢植え
原産地 ソコトラ島(イエメン)  撮影者:東京都 中村利治様
花言葉 いつもそばに  
解説 ベニヒメリンドウは、リンドウ科の多年草(我が国での栽培には春蒔き1年草扱いとされる。)である。根元から多くの茎を出し、草丈は15~25㎝となり、マット状に広がりを見せる。葉は広卵形で、全縁、鋭頭、表面には光沢がある。6~9月頃、茎頂に径1㎝程度の5弁花をつける。開花時には芳香を放つ。掲載した写真は、本種の園芸品種の中の矮性品種である「ドワーフ・ミゼット」種である。 
履歴 我が国へは、昭和初期に渡来している。 
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考