←トップ頁へ

和名jp エイザンスミレ  撮影地:栃木市・花之江の郷↑

上2図撮影:GKZ/撮影地:日光植物園↑
撮影者:千葉県 三浦久美子様↓
 撮影地:多摩森林科学園↑ 
漢字表記 叡山菫
別名・異名another name エゾスミレ
オオスミレ
サツマスミレ
チョウセンスミレ
カクレガサ
カクレミノ
古名old name
語源
etymology
和名は、比叡山に自生の見られるスミレの意。
属名は、この属に含められているviolaの名前をそのまま属名にしたもの。
種小名は「比叡山の」の意。
学名sn Viola eizanensis
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 スミレ科スミレ属
園芸分類 多年生草本
用途use 路地植え/鉢植え
原産地
distribution
日本:固有種特産
花言葉 茶目っ気
解説
description
エイザンスミレは、日本特産のスミレで、深山の林下など、湿気のある場所に自生が見られる。草丈は10p程度であるが、花後には開花時の2倍程度まで伸長する。葉は3裂し、両側の裂片がさらに深く裂けているものだから、5裂しているかにも見える。4〜5月頃、径2p程度の花をつける。花色は、淡紅色で、開花時には芳香を放つ。
履歴
県花・国花 滋賀県:大津市花
古典1
古典2 『本草綱目啓蒙』
季語
備考