←トップ頁へ

和名 エアー・プランツ  
漢字表記  
別名・異名 ティランジア/チランドシア  
古名  
語源 和名は、英名の音読みから。英名は、他物に着生し、空気中の水分を葉から吸収して生活を営む植物であることから。/属名はスウェーデンの医師でもあり植物学者でもあったElias Tillandzの名に因んでいる。
学名 Tillandsia sp.
撮影地:足利フラワーパーク
英名 Air plants
仏名 Flle de l'air
独名 Tillanndosie
伊名 Tillandsia
西名 Tilansia,
Clavel del Aire,
Flor del Aire
葡名 Bromelia,
Cravo do mato
漢名 空氣鳳梨
植物分類 パイナップル科ティランジア属
園芸分類 多年生草本  
用途 食用(ムカゴ)/観葉植物  
原産地 熱帯アメリカ  
花言葉 良いなり  
解説 エアー・プランツは、本来的には、パイナップル科の着生植物の総称である。エアー・プランツは、樹上や岩上に着生し、他の植物のように土から水分や栄養分を得るのではなく、空気中から得ている点でユニークな植物である。根はもちろんあるのだが、他物に絡みついて着生するためのみの機能を有するだけである。一方で、葉には細毛が多数密生し、そこに付着した水分を吸収して生活をしている点で、他の植物とは異なった葉の機能を有している。茎はほとんど圧縮されており、外見は、根と葉だけで構成されているかのようである。エアー・プランツは、種類も多数あり、花色も多数である。中にはサルオガセモドキのように紐状に長く下垂する種類もあるが、概して小形の植物体で有り、室内でも栽培が可能のため、愛好家も多い。花色、花の大きさ等も種類に応じて多彩である。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考