←トップ頁へ

和名 サルビア・ユンナネンシス
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名はセージのラテン古名から。/種小名は「中国・雲南省産の」の意。
学名 Salvia yunnanensis
英名 Yunnan sage
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 雲南鼠尾草
植物分類 シソ科サルビア属
園芸分類 多年性草本
用途 路地植え/鉢植え/香料/薬用/ハーブティー
原産地 中国(雲南省・貴州・四川省):固有種
花言葉 撮影者:東京都 中村利治様
解説 サルビア・ユンナネンシスは、シソ科の多年草である。本種は、原産地の項に記した地の標高1800~2900m級高地に自生が見られる野草である。草丈は30㎝程度。茎は4稜を持つ。葉は長い葉柄を持った卵形で、縁部には不規則な鋸歯があり、先端部は鈍頭、基部は心形で長楕円状で、茎に対生する。葉の表面には細かい皺状の凹凸があり、ざらつき感がある。茎・葉・葉柄には白色の細毛が目立つ。5~6月頃。茎上部に総状花序を出し、紫色の筒状花を多数つける。花冠はシソ科特有の唇形である。 撮影地:小石川植物園
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考1
備考2