←トップ頁へ

検索名 アズマギク
和名 ミヤマヨメナ
漢字表記 深山嫁菜
別名・異名 アズマギク()/ミヤコワスレ/ノシュンギク
古名
語源 別名ミヤコワスレは、鎌倉時代初期に、承久の乱に敗れ、佐渡島へ流された順徳院が、この花を見ると都を忘れることが出来ると言ったという伝説から。その真偽については不詳。/属名は、和名から。/種小名は、明治初年に横須賀製鉄所で医師を努めたフランス人L・サバチェーの名に因んでいる。彼は、在任期間中に日本の植物を多数採集していることでも知られている。
学名 Miyamayomena savatieri(=Gymnaster savatieri)
英名 gymnaster
仏名
独名 拙庭にて
伊名
西名
葡名
漢名 忘記首都、忘都草、忘都花
植物分類 キク科ミヤマヨメナ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え/切り花/茶花
原産地 日本(本州・四国・九州)
花言葉 別れ/強い意志
解説 ミヤコワスレは、キク科の多年草である。ミヤコワスレとは、ミヤマヨメナの園芸名である。等しく園芸名でアズマギクやノシュンギクとも言われている。我が国各地の山の陰地に自生が見られる。草丈は20~50㎝程度。4~5月頃に、枝の咲きに花径3.5㎝前後の薄紫の花を見せる。日本特産種である。
履歴 栽培品種としての登場は江戸時代後期から。
県花・国花
古典1
古典2 『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考  学名にアズマギク(Erigeron Thunbergii A. Gray)の名を持つ存在があるが別の植物である。