←トップ頁へ

和名 アゼガヤツリ
漢字表記 畦蚊帳吊
別名・異名
語源 和名は、田の畦等に多く自生が見られることから。/属名は、古代ギリシャ語のkupeiros(=スゲ)を語源としている。/種小名は、「球形の」の意。
学名 Cyperus flavidus(=Cyperus globosus)
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 玉穂扁莎
植物分類 カヤツリグサ科カヤツリグサ属
園芸分類 一年生草本
用途 野草
原産地 日本(関東以西)
花言葉 群馬県館林市にて
解説 アゼガヤツリは、カヤツリグサ科の一年草である。概して水田の畦や池沼の畔等に自生の見られる野草である。草丈は10~40㎝程度。根元から幅2㎜程度の細く線形の葉を出し、先端は尖る。8~10月頃茎の先に茶褐色で光沢のある穂を出す。
履歴
県花・国花
古典
季語
備考