←トップ頁へ

検索名 アワモリソウ(泡盛草)
和名 アワモリショウマ
漢字表記 泡盛升麻
別名・異名 アワモリソウ(泡盛草)
古名
語源 和名は、白色の小花がまるで泡が集まったような花姿からという。因みに、。「升麻」は、漢方薬の用語で、サラシナショウマの地下茎から解毒や解熱用の生薬を得ている。/属名はギリシャ語のa(=無)とstilibe(=光沢)の合成語から。/種小名は「日本の」の意。
学名 Astilbe japonica
英名 Japanese astilbe
仏名 ↑拙庭にて/小石川植物園にて↓
独名
伊名
西名
葡名
漢名 泡盛草
植物分類 ユキノシタ科 チダケサシ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 日本:近畿地方以西
花言葉 恋の訪れ
解説 アワモリショウマは、ユキノシタ科の多年草である。概して産地や谷川沿いの岩上に自生の見られる野草である。草丈は50㎝前後程度。葉は3~4回3複葉である。学名に反して、葉には光沢が見られる。(学名は、インド産の基準種には葉に艶が無かったからとのことである。)4~6月頃茎頂に円錐花序を出し、白色の小葉なを多数つける。花には幾分芳香がある。園芸界で「アスチルベ」の名で流通しているものは本種からの交配種であることが多い。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考