←トップ頁へ

和名 アスチルベ・アレンディー
漢字表記
別名・異名 アスチルベ
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名のAstilbeとはギリシャ語のa(=無)とstilbe(=光沢)の合成語で「光沢がない」という意味。原種とされたインド産の葉には光沢がなかったことからという。/種小名は、本種の作出者であるドイツのゲオルク・アレンズへの献名。
学名 Astilbe ×arendsii
英名 Astilbe,e goat's beard ↑拙庭にて↓
仏名 Astilbes
独名 Astilbe,Prachtspieren
伊名 Astilbe arendsii
西名 Astilbe arendsii,Barba de la cabra,Spirea falsa,Astilbe d'Arends
葡名 Astilbe arendsii
漢名 泡盛草紫紅落新婦、落新婦
植物分類 ユキノシタ科チダケサシ属
園芸分類 多年性草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 園芸作出品種
花言葉 恋の訪れ とちぎわんぱく公園(壬生町)にて↓
解説 アスチルベはユキノシタ科の多年草である。草丈は品種によって大きく異なるが、20㎝前後のものから90㎝前後のものまでと多彩である。葉は1~2回3出複葉。夏場に30~50㎝程度の円錐状の花穂を花茎の先につけ、あわ粒のような花を多数見せる。開花期は6~9月頃。花色はは赤、紅、桃、白等と多彩である。  
履歴 普通、園芸でアスチルベと呼ばれるのはドイツのゲオルク・アレンズがアワモリショウマと中国産のアスチルベ・キネンシスを交雑育成し、更に、アカショウマも交雑している。1908年に発表したAstillbe ×arendsii である。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 我が国産のアスチルベ属には、アワモリショウマチダケサシ/アカショウマ等がある。