←トップ頁へ

検索名 アスクレピアス・ツベロサ
和名 ヤナギトウワタ
漢字表記 柳唐綿
別名・異名 アスクレピアス・ツベロサ/アスクレピアス・チューベローサ
古名
語源 和名はヤナギに似た葉を持つトウワタの意から。因みに「唐綿」とは、「唐」は渡来植物を示し、「綿」は花後の種子についた綿毛を綿の混ぜ物にしたことによる。/属名に見られるAsclepiasは、ギリシャの医師アエスクラピウスの名に因んでいる。この植物の根茎は有毒だが、民間薬としても用いられたということと関係がありそうだ。/種小名は「塊根を有する、塊茎を有する」の意。
学名 Asclepias tuberosa 撮影者:東京都 中村利治様
英名  Butterfly weed,Pleuresy root 撮影地:タイ・カオヤイ地区にて 
仏名
独名
伊名
西名 Malezaa mariposa naranja
葡名
漢名 塊根馬利筋、胡蝶草
植物分類 キョウチクトウ科(←ガガイモ科)トウワタ属
園芸分類 多年性草本(または低木)
用途 花壇/切り花/薬用/綿の混ぜ物(冠毛)
原産地 北米
花言葉 行かせて下さい、健康な体、小さな恋、心変わり
解説 ヤナギトウワタは、キョウチクトウ科(←ガガイモ科)の多年草である。草丈は60~90㎝程度。茎を切ると乳液状の汁が出るので、アメリカではMilkweedの名を持つ。葉は、長楕円形または披針形で先端は鋭頭、茎に対生する。6~7月頃、葉腋から集散花序を出し、黄色、白色、淡紅色の花をつける。花径は1.5㎝程度で、花冠は5深裂し、副花冠ををもつ。果実には白色で絹糸上の冠毛を持った種子がある。(果実の様子に関してはガガイモの頁を参照下さい。)本種は、花姿も、草姿もトウワタ(アスクレピアス・クラサビカ)種に良く似ているが、本種の場合、耐寒性がより強い。
履歴 我が国へは熱帯アメリカ産種(A.クラサビカ=トウワタ)が天保13年(1842)に渡来し、北米原産種(A.シリアカ=オオトウワタ)が明治の中頃に渡来し、等しく北米原産種のA.チューベローサ(=ヤナギトウワタ:本種)が大正末期に渡来している。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 ※根茎は有毒