←トップ頁へ

和名jp アシボソ
撮影地:千葉県 三浦久美子様

撮影地:千葉県四街道市 
漢字表記 脚細
別名・異名
other name
古名
old name
撮影地:千葉県木更津市
語源
etymology
和名は茎の基部が細くなることから。
属名はギリシャ語のmicros(=小)とstegos(=覆い)の合成語から。
種小名は「多条の、長軟枝のある」の意。
学名sn Microstegium vimineum
英名en Nepalese browntop
Jaopanese stiltgrass
Chinese packing grass
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 柔枝莠竹
植物分類 イネ科アシボソ属
園芸分類 1年生草本
用途use 野草
原産地
distribution
日本・朝鮮半島・中国・インドネシア・インド
花言葉   
解説
description
アシボソはイネ科の1年草である。概して田の畦等に自生の見られる野草である。草丈は60~90㎝程度となる。茎は弱々しく、下部では横に這い、節々から分枝をしながら四方に広がりを見せる。葉は、長さ2.5~6㎝、幅3~5㎜程度の披針形で、紫褐色をおびる。葉の両面には伏毛がある。8~9月頃、長さ4~6㎝程度の送受花序を出し、長さ5~8㎜程度の小穂をつける。小穂には長さ1㎝程度の芒がつく。花後には長さ3㎜程度で淡褐色を帯びた果実をつける。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考