←トップ頁へ

和名 アサザ
漢字表記 莕菜/荇菜
別名・異名 ハナジュンサイ(花蓴菜)
古名 アサザ(阿佐々)
語源 和名は、水深の浅い場所に自生がみられることからとも謂われている。/属名は「Nymphaea(=ヒツジグサ属)に似たもの」の意。種小名は「盾状の」の意。葉の形状から。
学名 Nymphoides peltata O. Kuntze
英名 Floating heart/Star fringe ↑ 京都府立植物園にて ↓↓
仏名 Faux nénuphar,Petit nénuphar
独名 Europäische Seekanne
伊名 Ninfoide, Limnantemio
西名 genciana acuática
葡名 Golhão-pequeno,Golfo-menor
漢名 莕菜
植物分類 ミツガシワ科アサザ属
園芸分類 多年生水草
用途 水鉢植え/池植え/薬用 golfão-pequeno, golfo-menor
原産地 日本の場合には、本州以南であるが、北半球全般に広く分布が見られる。
花言葉 しとやかな、信頼
解説 アサザはミツガシワ科の多年草である。泥の中に長い根茎を持つために、比較的浅い池や沼に自生が見られる水生植物である。葉姿はスイレンに似る。葉の表面は緑色、裏面は紫褐色を見せる。夏場に鮮黄色の径3~4㎝の花を見せる。
履歴 かつては、琵琶湖や霞ヶ浦に群生が見られたが、近年急激に減少し、絶滅危惧種に指定されている。
県花・国花
古典1 『日本書紀』
古典2 『本草和名』、『倭名類聚抄』、『下学集』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物類呼称』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考