←トップ頁へ

和名jp アサギリソウ
↑撮影者:東京都 山口米子様↓
日光植物園にて/撮影:GKZ↓ 
撮影者: 神奈川県 吉井和実様

撮影地: 礼文島高山植物館 
漢字表記 朝霧草
別名・異名
other name
ハクサンヨモギ
古名old name
語源
etymology
和名は、植物全体の白い色を通して株本の緑が見えることからといわれている。
属名は、ギリシャ神話に登場する女神アルテミスの名に因んでいる。この属の植物が婦人病に効果があるとされたことによる。
種小名は、サハリン植物の研究家F・シュミットの名に因んでいる。
学名sn Artemisia schmidtiana Maxim.
英名en Silver Mound Artemisia
仏名fr
独名de
伊名it 撮影地:礼文島→
西名es
葡名pt
漢名ch 朝霧草
銀葉草
植物分類 キク科ヨモギ属
園芸分類 多年生草本
用途use 鉢植え/ロックガーデン
原産地
distribution
サハリン/南千島/北海道/本州
花言葉 陽気、注目を集める、愛慕
解説
description
アサギリソウは、キク科の多年草である。草丈は15〜40p程度だが、写真中に見られるように、横幅は50p以上にも広がりを見せる。この植物ばかりは、花そのものよりもふんわりとした銀毛に覆われた葉姿を鑑賞するために栽培されるといえる。秋に頭花を見せるが黄白色である。草物盆栽の世界では、全体的に矮性のチシマアサギリソウが優品として珍重されている。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考